いびき改善のキャベツダイエット

いびき改善のキャベツダイエット

いびき改善のための食事習慣は、肥満改善の場合と同じでキャベツダイエットをお勧めします。

 

いびきの最大の原因は肥満にあることはご存知だと思いますが、肥満にはダイエットですね。基本的には、ダイエットとは1日のカロリーは

 

 摂取カロリー < 消費カロリー = 身体が必要とするカロリー

 

ですから、いびき食事療法のポイントにキャベツダイエットが出てくるわけです。
これはいびきだけに限らないダイエットのポイントです。

 

【1】食品店舗

 

「人間は空腹な時ほど、カロリーの高いものを買いたくなる」という習性があるのです。
ですから、いびき改善のダイエットとして、空腹な時な神経も食べものに敏感になっていますから、食品店舗へ行くのはそういう時はなるだけ避けて、普通の精神状態の時に買い物を済ませておくのです。

 

これは地味な方法ですが、意外といびきにもダイエットにも効くでしょう。

 

【2】食事の回数

 

1日3食が普通ですが、これを2食にすると、同じカロリーを摂っていると【太り】ます。

 

それは、身体は危機感を感じてしまい、その危機に対処するためにカロリーの吸収率を高めてしまいます。

 

もし、2食にするのなら、まったく何も口にしないのではなく、例えばきなこドリンクなど活用してみましょう。

 

30g程度のきなこを水に溶かし、それを入れたペットボトルを冷蔵庫に保管しておき、空腹を感じたら飲むと良いでしょう。

 

【3】キャベツダイエット

 

これが本命です。

 

食事をたくさん食べ過ぎるからカロリーが多すぎるのですが、食事を少なくしては空腹で、ストレスにもなりかねません。そこでカサが大きくてもカロリーの少ない食品を活用して、お腹を膨らませましょう。

 

一つの例として、キャベツを食事の前菜として食べる事により、ダイエットをして肥満予防に効果的で、いびき解消にも必ず役立つと思います。

 

キャベツダイエットは、非常にシンプルで重量と体積のある食品を摂る事により、腹一杯にするわけです。肥満の人に「食事を減らしなさい」と言って、なかなか無理ですね。
ですので、たくさん食べても、いやキャベツは食べるほど肥満になりにくいというダイエット法です。

 

食べ方は食事の前に250g程度の生のキャベツを千切りにして、カロリーの低いノンオイルドレッシングをかけて食べればいいのです。その後、普通に食事を行うだけで、キャベツを食べた後ではそれほど食べられませんから、いびき(肥満)予防のダイエットとしては、うっておきではないでしょうか?

 

キャベツは250gを食べて60kcalしかなく、もし500g食べたら120kcalです。それだけ食べて、あとどれだけ食べられますか?

 

 

いびきの解決には肥満を解消するのが非常に効果的なことが多いですから、自分の健康のためにも本気でいびき対策でキャベツダイエットを行って下さい。

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群の診断
自宅で検査が可能な簡易型睡眠モニターで計ってみるのも一つの手段です。検査の結果、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高い場合、さらに詳しく脳波や心電図、呼吸状態を調べる終夜睡眠検査(睡眠ポリグラフ)を行います。
いびきの種類
いびきと一口にいっても大きく分けると「単純いびき症・上気道抵抗症候群・睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」と3種類に分けられます。
いびきと生活習慣の深い関係
いびきと生活習慣も深い関係があります。それは「いびきが生活習慣病を発症する」ということと、その病でなくても「生活習慣としていびきをかくというのは問題がある」のです。
子供のいびきは鼻詰まりか扁桃肥大
本来子供はいびきをかかないものですから、それがいびきをかくというのは、子供の身体に何かトラブルがあると考えられます。もし子供がいびきをかいて、睡眠不足なったら、成長期の体はとても困ります。
いびきとまくらの関係について
いびきをかいていて、それを指摘されて悩む人は多いです。いびきとは、そしてその防止法・解消法と治療法について書いてあります。またいびきグッズもマウスピース、枕などポピュラーなグッズだけでなく、ツボ刺激のグッズなども紹介してます。
いびきをかきやすい人の原因
第一に挙げられるのは肥満です。次に、口呼吸です。
いびきを自覚するための方法
寝ている最中に、普通は気が付かないものですよね
うるさいいびきの原因は何?
いびきの原因の多くは肥満といわれています
いびきと脳梗塞には関係がある?
脳梗塞そのものの発見が、大きないびきが原因であったという事例も数多く存在するのです。
いびきと鼻茸の関係について
鼻茸というものは簡単にいえば鼻のポリープ、つまりできもものです
新生児といびきの関係
赤ちゃんのいびきは割に多いようですから、そんなに心配する事は無いようです。しかし赤ちゃんが・・・
扁桃肥大によるいびきについて
扁桃肥大により気道が閉塞され、いびきの原因となります。特に肥満しているわけでもなくいびきの症状が酷いという方は扁桃肥大が原因である可能性もあります
気絶している人のいびきは要注意
気絶をした人がいびきをかいている場合、それは非常に危険です。脳梗塞など脳の血管が破裂した可能性が非常に高いです。
仰向け寝によって気道を圧迫しないこと
いびきの原因は仰向けが気道を狭くするというのを知ってますか?
子供のいびきは健康に影響する
子供のいびきは要注意です。そもそも、いびきをかいている状態は眠りが浅くなっており、十分な酸素が供給されていないと脳が認識している状態で発生します。この眠りの浅い状態が続くことは子供の成長にとって非常に大きな問題があります。
子供の鼻づまりによる睡眠中のいびきについて
子供の睡眠中のいびきは、鼻づまりが原因であることが一番多いことです
女性のいびきについて
いびきには特に男女の関係はありません
赤ちゃんのいびきについて
赤ちゃんのいびきは、親にとっては気になるものですが、10〜15%くらいの赤ちゃんはいびきをかいてしまうということで、特に気にする必要の無い場合もあります。
いびきと口の関係
いびきをかいている人は口を開けて寝ていることが多いようです。なぜ、口を開けて寝るといびきをかきやすいのでしょうか?いびきと口の関係をご説明します。
いびきと脳梗塞の関係
いびきと脳梗塞に関連性はあるのでしょうか?倒れた人がいびきをかきだしたら、脳梗塞を心配しなければいけないことはよく知られています。いびきと脳梗塞について調べてみます。
いびきと顎の関係
最近の小顔ブームで、顎が小さな顔がもてはやされていますが、小さな顎はいびきの原因となることもあります。いびきと顎の関係を調べてみます。
いびきと鼻づまりの関係
鼻づまりは憂鬱なものです。その鼻づまりが憂鬱なだけでなく、いびきの原因になっていることをご存知でしょうか?鼻づまりといびきの関係を調べてみます。
いびきと鼻の通りの関係について
鼻の通りが悪いといびきの原因になることは、よく知られています。でもその理由を詳しく知っている方は少ないようです。鼻の通りといびきの関係について説明します。
倒れると同時にいびきをかきだした時に注意すること
普段の日常生活では、いびきをかかない人が気絶して倒れると同時に、大きないびきをかきだしたときには、脳梗塞などの重大な病気を疑わなければいけません。倒れると同時にいびきをかきだした時の注意をご説明します。
家族のいびきに迷惑した体験について
家族のいびきに迷惑した方には、分かっていただけると思いますが、本人がいびきをかきながら熟睡していると、本当に腹が立つものです。いびきと家族の迷惑について考えます。
気絶してイビキをかくと危険です
気絶しているのに、イビキをかいているのは非常に危険な状態であると言われています。なぜ気絶してイビキをかいていると危険なのでしょう。
鼻の病気の治療といびきについて
普通のいびきは喉から出る音が源ですが、鼻からいびきをかく人もいます。このような人は鼻の病気が原因になっていることがあります。鼻の病気の治療といびきの関係についてご説明します。