いびきをかかない

いびきは気道が狭くなることが原因ですが、気道が狭くなる原因には、何があるのでしょうか?実はかかりつけの医者に聞いたら、10個以上も教えてくれました。つまり、気道が狭くなる原因には、・肥満・仰向け寝・口呼吸・鼻詰まり・過剰なストレス・アルコールの飲み過ぎ・大き過ぎる舌・小さ過ぎる下顎・太くて短い首・長過ぎるのどちんこ・大き過ぎる口蓋扁桃(扁桃腺)・咽頭扁桃(アデノイド)・喉や口周りの筋肉の老化・運動...

いびきの原因は気道が狭くなることで、何故気道が狭くなるを10個以上も教えてもらった中で、今日は口呼吸について紹介します。正常な呼吸というのは鼻呼吸です。それが口呼吸になっていると、いびきをかくひとつの原因になるわけです。何故、口呼吸をするといびきをかくのでしょうか?それは口呼吸をすると、舌根沈下を起こしやすいのです。舌根沈下とは、筋肉が緩むと舌の根っこが後ろに落ち込んでしまい、気道を塞いでしまうこ...

気道が狭くなるを原因として、今日は鼻づまりについて紹介します。鼻詰まりになれば、当然鼻腔が狭くなりますから、鼻呼吸がしづらくなります。ですから、鼻呼吸をしていても苦しくなって「はーっ。すうー」と口を開けて大きく深呼吸をしたりしますね。鼻づまりは、結局鼻呼吸では足りなくて口呼吸をすることになります。そして、口呼吸がいびきの要因であることは、間違いありませんから、要するに鼻づまりはいびきの原因になるわ...

いびきの要因として鼻のとおりが悪くて口呼吸をするとともに肥満があると言われています。口呼吸のことではなく、肥満のことを紹介します。肥満で太ると「咽頭・口蓋扁桃」等にも脂肪が付いて狭くなりますから、空気がよく通らなくていびきをかくわけです。肥満が好きだ、あるいは肥満を売り物にする芸能人なら別ですが、たいていの人は肥満は避けたいですね。ですから、肥満を改善すれば、いびきも改善できるということで、ダイエ...

いびきのサプリメントとして、「コエンザイムQ10(本名:ユビキノン)」と「イビキノン」を紹介しましょう。ユビキノンは、2004年の規制緩和により、それまで心不全などの治療の医薬品として使われていましたが、サプリメント(健康食品)として使用する事が可能となりました。そしてサプリメントとしてだけでなく、美容化粧品にも活用されていました。そのユビキノンがいびきにも上気道を拡張させ、空気の通り道を広くして...

いびきは口呼吸をするからかくのであって、鼻呼吸をすれば解消できる方が多いと思います。鼻呼吸をできるようになる薬を紹介します。アンスノールは、医薬品ほどの即効性は有りませんが、日本ではじめての「いびきの薬」で、そのすぐれた有効性と安全性は臨床試験により立証されています。使い方は、あおむけの姿勢をとり、鼻孔に薬剤を5〜6滴ほど滴下するだけです。鼻粘膜の表面をうるおし、健全な鼻呼吸がスムーズに行える様に...

いびきというのは、周りの人間にとって非常に迷惑なものです。しかも酷くなってきますと、睡眠時無呼吸症候群となり自身の健康まで害していきます。いびきには色々な原因がありますが、突き詰めれば、何かの原因で気道が狭くなり、そこを通る空気がスムーズに通ることができず、喉粘膜を振動させてしまうことで発生するものです。この気道を狭くする原因の一つが、喉の周りの筋肉の弛緩による、舌の落ち込みです。また鼻よりも口で...

家人のいびきのうるささに参っている人は多いでしょう。本人の方は寝ているものだから罪悪感がさほどなく、「そんなにうるさい?」と気楽な感じ。毎晩いびきの騒音になやまされる家族としてはたまったものではありませんね。なんとしても、すこしでもいびきを軽減、改善していきたいものです。安眠のためにも。まず、いびきは単純な理由でおきているケースがあります。それは、飲酒の習慣です。まず毎日お酒を飲みすぎて寝ている場...

いびきと枕は非常に深い関係にあるというのをご存知でしょうか。自分の頚椎のラインに合っていない枕を使用していると、いびきをかいたり、重症になってくると睡眠時無呼吸症候群を発症したりします。まず、よくない枕の例としては、異様に高い枕です。このような枕をしていると、頚椎は無理に曲がった姿勢になり、気道は圧迫され、いびきを誘発しやすくなります。まずは、いびきが酷い。軽減したいと考えている方は、枕の高さを検...

いびきで困ったことはありませんか?社員旅行などで、大いびきをかいて同部屋の人たちに迷惑をかけたり……。そもそも、普段から家族にうるさいと文句をいわれたりと。しかし、いびきは寝ている本人は自覚するのは難しい話です。中には自分のいびきの音で目が覚めたという笑い話のようなこともあるようですが。社員旅行などの場合、他人に迷惑をかけないようにするためには、最初からカミングアウトするのも一つの方法です。部屋割...

いびきの最大の原因の一つである肥満。その肥満の原因は何でしょうか?これは、非常に簡単な話しです。消費カロリー以上の摂取カロリーという生活習慣が原因となっています。つまり、食べすぎか運動不足がその原因となるわけです。いびきの対策においても肥満しないことは重要です。食事は、必要以上のカロリーを摂らないことを心がけ、運動不足の人は運動をしっかりするようにしましょう。まずいびきに悩んでいる人、家族からのク...

いびきは太っている人はかきやすいというイメージがありますね。正にその通りです。いびきの発症確率は、肥満率とリンクして増大します。要するに、肥満すればするほど、いびきとは無縁でいられなくなるというわけですね。よく知られていないことかもしれませんが、肥満していくと舌の方まで大きくなってきます。これがいびきにとっても非常によろしくないのです。まず、肥満の人は体中満遍なく贅肉がつきます。首周りにも肉がつい...

根本的ないびき予防は、いろいろありますが、基本は肥満防止と口呼吸の防止。まず、太らないこと。肥満はいびきを誘発する可能性が大きいだけではなく、睡眠時無呼吸症候群にまで進みかねません。とにかく、規則正しい生活をして、運動と食事のバランスを考えること。適正体重を維持することが、いびき予防の基本中の基本であるといえます。そして、もう一つは鼻呼吸をすること。口呼吸をする習慣があれば矯正することです。このと...

普段、うるさいいびきを家族から指摘されている人が、社員旅行などで、他人と旅行することとなります。そのときに、どうしても、いびきかかない方法で寝られる対策というものはないでしょうか?本人が肥満であるとか、鼻の状態が悪いなど、いびきの原因は様々ですので一概に断言はできません。しかし、この日だけは「いびきかかない方法」で寝たいといっても、中々困難であるといえます。いきなりいびきを止めるという方法は、ほぼ...

うるさいいびきに悩まされるのは、本人よりもむしろ一緒に寝ている家族かもしれませんね。特に隣で寝ている人間が大いびきをかいている場合などは、たたき起こしていびきを止めさせたくなります。まあ、実際家族の場合は、いびきを止める方法としては、これも一つの方法でしょう。たまにいびきをかいているという場合であれば、この様な方法でもいいです。また、寝ている姿勢をあお向けから、横向きに変える。枕をとってしまうとな...

いびきの原因として大きな要因の一つに、太りすぎ、つまり肥満があります。この肥満によって、首の周りにも贅肉がつくことになります。そのため、睡眠時に気道が重みで圧迫され、狭くなり呼吸の際に、いびきを誘引するということになります。また、肥満をしてしまいますと体全体が太ります。つまり舌も太ってくるわけなのです。舌が大きくなってきますと、舌自体の重みで喉の奥の方に落ち込み、気道を塞ぐことになります。このよう...

子供の鼻づまりの解消にはどうすればいいでしょうか。まず慢性的な鼻づまりによって、毎晩、寝息が苦しそうだったり、いびきをかいたりするのでしたら、まずは専門の医療機関である耳鼻科か小児科に診断を受けることが最優先です。鼻づまりの原因としては鼻の一番奥にあるアデノイドの肥大や、鼻炎、蓄膿症などが原因として考えられますので、症状にあわせて治療を行い、症状を解消させることになります。医者に行くほどでもなく、...

いびきの防止のために食事を変える。これは肥満の人は最優先に考えるべきことでしょう。肥満は万病の元といいますが、いびきも肥満が原因で発症するもので。肥満による喉まわりの贅肉により、気道が圧迫されること、舌そのものが大きくなってしまいそれが気道を塞ぐことになります。これがいびきの原因となります。そして、それだけではありません。肥満といびきを放置しておくと、睡眠時無呼吸症候群という病気となり、循環器系に...

いびきの原因の一つに舌根沈下という症状があります。これは舌の根元が喉の奥に落ち込んで、気道を塞ぎ、いびきや睡眠時無呼吸症候群を起こす現象です。では何故、舌根沈下が起きるのかといいますと、口を開けて口呼吸をすることが一因になっているケースがあります。口を開けることで、舌が喉の方へ行ってしまうという生理現象がおきます。この舌根沈下の対策としては口呼吸を抑制するという方法があります。口呼吸を抑制するもの...

 いびきがうるさい人がいて寝られないときは、あなたはどうしますか?一応は我慢して寝ようとしても、我慢しようとすればするほど気になってくるのがいびきです。うるさいいびきの対策について考えます。 いびきがうるさいときの対策で、よく聞くのが、いびきをかいている人の鼻をつまむというのがありますが、家族ならともかく、社員旅行や友達との旅行では、寝ている他人の鼻をつまむというのは、かなり気が引けます。 こんな...

 いびきに悩まされるのは、本人よりも周囲の家族でしょう。いびきの止め方は家族にとって切実な問題です。いびきの止め方について考えてみます。 いびきの止め方には、寝ている姿勢を変える。枕を動かすなど、簡単ないびきの止め方があります。しかし、連日連夜いびきをかいて、家族の安眠を妨害する人に毎度毎度こんな悠長ないびきの止め方をやっていくのは大変です。家族なら、うるさいいびきの止め方として、いびきをかいてい...

 いびきを解消したいという悩みをお持ちの方も多いと思います。いびきを解消するには、どのような方法があるのでしょうか?いびきの解消法についてご説明します。 いびきを解消して、周囲の人に迷惑をかけず、自分もゆっくりと熟睡したいという方は、まずご自分のいびきの原因が何であるのか、いびきの原因を探り当てることからはじめてください。以下に列挙するいびきの原因からご自分にあったいびきの解消法を探してみてくださ...

 いびきは本来、いびきをかいている本人がいびき防止対策を考えるのがスジですが、自己防衛の騒音防止策として周囲の人が耳栓を使用することもできます。いびきの騒音防止用の耳栓についてご説明します。 もしあなたが社員旅行のときに、たまたまの部屋割りでいびきが酷い人と同室になってしまったとしたら、どうしますか?いびきの人と一緒に寝るのはイヤだと言えますか?特にその人が上司の場合には、部屋を変えてくれとは言い...

 いびきをかかない寝方はあるのでしょうか?頑固ないびきを寝方を変えるだけで解消できたら、こんなうれしいことはありません。いびきをかかない寝方について調べてみます。 いびきをかかない寝方の基本は、就寝中の姿勢に気をつけることです。特に、横向きに寝るといびきをかかない寝方になるということは、よく知られています。通常の上向きの姿勢で寝ていると、口が開いて舌が喉の奥へ落ち込んでしまい、声帯が圧迫されていび...

 いびきをサプリメントで改善できることをご存じでしょうか?病院にかかるほどではない程度のいびきならサプリメントで改善が期待できるのです。いびきを改善できるサプリメントについてご説明します。 まずアメリカ製のいびき用サプリメントとして、「ノースノーズ」というサプリメントがあります。このサプリメントはハーブや酵素とプロテインが配合されており、ハーブや酵素が呼吸粘膜を正常に整える効果を発揮し、プロテイン...

 イビキをかかないでねる寝方はあるのでしょうか?イビキをかく本人は気がつかないで寝てしまうのですが、家族や周囲の人はあなたがイビキをかかないでねることを望んでいるはずです。イビキをかかないでねる方法について調べてみます。 イビキをかかないでねるには、まず深酒を控えて、よい体調で寝床につくことを心がけましょう。深酒をしてしまうと、平素はイビキをかかない人でも、イビキをかいてしまうことがよくあります。...

 いびき軽減の方法として適切な枕を選ぶことは有効な方法です。いびき軽減の方法として、どのような枕を選べばよいのかについて調べてみましょう。 いびきと枕の間には深い関連性があります。人間の頸椎のカーブは、各個人毎に独特の曲線を描いており、自分の頚椎のカーブに適合していない枕を使用していると、枕がいびきの原因になってしまいます。 まず、いびきをかきやすい枕の代表例は高さが高い枕です。使用者の体格に不釣...

 朝起きたときの喉の痛さで、自分がいびきをかいているのに違いない、と感づいた方もおられるとおもいます。こんないびきを防止するためのに鼻うがいがよく効くそうです。鼻うがいでいびきを防止する方法を調べてみます。 子供のときから鼻づまりに悩まされて、長期間耳鼻科に通って、処方された点鼻液を使ってみたが、なかなか改善せず、あきらめてしまった人でも、鼻うがいでいびきが改善することがあるそうです。鼻うがいとは...

 いびきの原因は口呼吸に陥っているから、いびきをかくのであって、鼻呼吸をすればいびきの悩みを解消できる方も多くおられると思います。そこで、口呼吸を鼻呼吸に直せる薬をご紹介します。 まず、アンスノールという薬剤は、医薬品のような即効性は有りませんが、日本では昔から「いびきを直す薬」に配合され、その有効性と安全性が臨床試験で立証されています。その使い方は、仰向けの姿勢で、鼻孔に薬剤を数滴滴下するだけの...