鼻CPAP療法とは

鼻CPAP療法とは

鼻CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)療法というのは、閉塞型睡眠時無呼吸症候群の患者に有効な治療法の一つです。

 

通常は咽頭を広げる筋肉が働いていますので呼吸できますが、睡眠時は筋肉が弛緩しすぎると喉の奥をふさいでしまい(気道閉塞)ます。このためいびきや無呼吸になりますから、鼻マスクを利用して空気を送り込み、圧力をかけ、気道を閉じないようにするのでほぼ100%の割合で有効です。

 

 

鼻CPAPは簡単に言ってしまえば鼻に当てるマスクで、この鼻マスクを付けて就寝すると閉塞性無呼吸症候群の重症患者でも熟睡ができるようになり、昼間の眠気から解放され、集中力・やる気が向上して、仕事や運転などでも眠気がなく集中できるようになることが多いです。
睡眠時の無呼吸症候群がまねく高血圧や脳梗塞、狭心症。心筋梗塞などといった循環器系の病気など、合併症を予防することができます。

 

一部の方はすぐに効果が現れずに一週間ほどしてから体がなんだか楽になってきたことを実感する人もいます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療法として広く普及し有効性も認められています。健康保険で自宅で検査が可能な簡易型睡眠モニターで無呼吸低呼吸指数が40/時以上(重症)の人は、1カ月1回通院することを条件に、保険でCPAP治療器の使用料や診察料金がカバーされます。

 

また中等症の方は入院が必要な精密検査で無呼吸低呼吸指数が20/時以上でCPAPが保険適用となります。

 

自己負担は3割負担で月に約5000円弱程度です。CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群の根本的な治療ではないですから、CPAPを使用しなければまた再発しますが、それでも現在では最も有効な治療法と考えられているのです。

 

無呼吸をしないのに必要な空気圧は個人差により異なりますので、精密な検査をもとに決定されたものです。CPAP療法で治療を始める際は一泊入院して、睡眠検査をしながら適正な空気圧を設定します。

 

これをCPAPタイトレーションと言い無呼吸現象が発生しなくなった空気圧が個々の患者の為のCPAP療法の処方圧ということになります。

 

空気の大部分は、マスク近くの穴や排気用の弁から出ていきますが、それを強く締めるとかえって漏れを増やすばかりか、痛むなどよくありません。あらかじめ決められた圧は、病状にあった適切な圧力ですから勝手に変更すると逆効果となります。

関連ページ

レーザー治療
いびきのレーザー治療は、レーザー照射により部分的に切って咽頭を広げる治療です。レーザー治療は局所麻酔をスプレーでするので、痛みはほとんど感じることはないようで、副作用もほとんどないようです。
マウスピース
いびきや睡眠時無呼吸症候群が軽いようならば、有効な治療がマウスピース療法です。口の中に入れるマウスピースは、医療機関でも使用しており、高い効果が期待できます。
いびきのその他の治療法
いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法には、マウスピース、レーザー治療、鼻マスク(鼻CPAP療法)、外科手術、薬物療法などがあります。
歯並びといびき解消法
歯並びが悪いといびきが出てしまう方もいます。 その場合は、歯並びを治す、つまり歯列矯正をしていびきを治すことをするのです。
いびき治療はスリープスプリント
スリープスプリントとは、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療専門のマウスピースの事で、寝る時に口に装着するだけで舌の落ち込みを防ぎ、気道を確保するものです。
いびきをなんとしても解決したいのならば
一般に出回ることはないとされたいびき改善術、ミフネ式 いびき改善10日間プログラムをお勧めします。
いびきの症状を改善するには
入手しやすいいびき防止グッズから試していって、いびきの改善を図ってみるのはどうでしょうか。
外来治療によるいびき対策について
気道が狭くなっている原因が、鼻腔に問題があるケース、などの気道の形状に問題があるケースなどは、お近くの医療機関にて外来治療することをお奨めします。
いびきの治療について
医者に行くほどではないのでは……という方は、このような家の中でできる治療法を試して、それでもダメなら……と考えてみてください
いびきでも病院で診察を受けた方がいいケース
いびきの問題がここまで進行している場合は病院の診断が必要です。
医療機関でいびきを治すようなケースについて
扁桃や咽頭扁桃の肥大などが原因の場合です。この場合は手術を行うことでいびきを治す
鳴海健の「いびき克服完全マニュアル」について
「たった5分間だけ3つのことを毎日○○をするだけで、14日間でいびき克服ができる」というマニュアルとのこと。手術もしない、防止グッズも使用しない、医者にもいかないというもの
レーザー手術によるいびき治療の費用について
レーザー治療は通常は健康保険適用となりますので、どこの医療機関で治療したとしても3割負担であれば、約25,000円のものです
睡眠時無呼吸症候群の治療法について
睡眠時無呼吸症候群の治療にはまず、その根本的な原因をつきとめることが必要です。
睡眠時無呼吸症候群は病院でどんな治療をするか
睡眠時無呼吸症候群は睡眠時の呼吸停止10秒をワンセットとして睡眠中にどのくらい停止を繰り返しているか病院で診断し、その症状の重さにあわせた治療を行います
睡眠中の鼻づまりを治療する場合の料金について
花粉症やそれ以外の慢性鼻炎などの長期になるもの、または慢性化している鼻づまりには病院での診断を受けた方が、料金的にも有利であるといえます
いびきと下あごの関係
下あごが原因でいびきをかいてしまう場合があります。下あご自体の大きさが小さかったり、下あごの位置が後側へ後退しているためにいびきが発生するようです。いびきと下あごの関係について調べてみます。
いびきと歯並びの関係について
いびきと歯並びとの間には、何らかの関連性があるのでしょうか?歯並びはいびきのような呼吸によって発生する音とは無関係のような気もします。いびきと歯並びの関係について調べてみます。
いびきのレーザー治療について
いびきを改善できるレーザー治療があることをご存知でしょうか?レーザー治療でいびきの悩みを解消できるとは信じられないという方もおられるかと思います。いびきのレーザー治療について調べてみます。
口コミサイトでのいびきのレーザー治療
最近いびきを改善できるレーザー治療が口コミサイトで話題に上っています。いびきのレーザー治療について口コミサイトでは、どんなことが話し合われているのかを、調べてみます。
病院に行かずにいびきを治療する
いびきに悩んでいる人でも、病院でいびきの治療を受けるのは、億劫なものです。病院での治療を受けずに、いびきの悩みを解消するには、生活習慣を見直すことでも可能です。病院での治療を受けずに、いびきを治す方法について調べてみます。
癖になったいびきの原因を改善する方法
いびきを改善するためには、まずあなたのいびきの原因を除去する必要があります。その原因が癖になっている場合には、悪い癖を直そうと思っても、なかなか難しいのが現実でしょう。癖を直して、いびきをかかなくする方法を探ってみます。