いびきをかかないようにのTOPに戻る
「いびきをかかないように」トップ >  いびき治療法 > いびき治療はスリープスプリント

いびき治療はスリープスプリント

商標登録スリープスプリントは、いびき治療の歯科治療のひとつです。簡便で携帯にも便利なスリープスプリントは、中等度症状までの方には最適です。

スリープスプリントとは、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療専門のマウスピースの事で、寝る時に口に装着するだけで舌の落ち込みを防ぎ、気道を確保するものです。

SASは、浅い眠りで日中の眠気から居眠り運転事故を起こしたり、長期的に無呼吸が続くと、心臓病、不整脈、脳血管障害などを誘発したり、記憶力や思考力の低下がありますから、是非治療をしてください。

医療器具使用のいびき治療としては、スリープスプリントは2006年5月よりFDA(アメリカ食品・医薬品局)で日本初の睡眠呼吸障害の防止医療装置として認可されていますから、効果は保証付きです。

スリープスプリントは下の顎を少し前方に突き出させる状態を維持する事により気道を確保し、いびきを抑えます。しかも誰でも手軽の装着できるうえに、開放感を妨げない方法で危険性もありませんから、手術という恐怖もありません。

口の中に入る大きさですから、出張や旅行に携帯することができ、材料はプラスチック加工ですから、何年も使用になれます。


現在では様々なスリープスプリントが存在し、種類や健康保険適応の有無により価格はおよそ1万円〜10万円の範囲内になります。保険は適応で1万円ならば、適応外ならば3〜4万円位になります。

保険適応の条件は、「内科や耳鼻咽喉科でSASと診断される事」でありますから、ただのいびきでは保険は適応されません。ですから、いきなり歯科を訪れると保険が適応されませんから、内科や耳鼻咽喉科で受診してからの選択肢として、歯科治療を選択するのがよいと思います。

軽度や中等度のSASであれば、スリープスプリントはCPAP治療より価格的にも、手軽さでもお勧めです。


なお、スリープスプリントは、歯に装着して使用しますので残っている歯が少ない人(20本未満)にはできません。また、鼻の通りがいつも悪い人で鼻での呼吸が困難な人や、神経質で寝つきの悪い人にもできません。


なお2006年7月1日にスリープスプリントは商標登録(第4875587)、SLEEP SPRINTは商標登録(第4875588)されました。


「記事関連リンク」



関連コンテンツ

癖になったいびきの原因を改善する方法

 いびきを改善するためには、まずあなたのいびきの原因を除去する必要があります。その原因が癖になっている場合には、悪い癖を直そうと思っても、なかなか難しいのが現実でしょう。癖を直して、いびきをかかな・・・

病院に行かずにいびきを治療する

 いびきに悩んでいる人でも、病院でいびきの治療を受けるのは、億劫なものです。病院での治療を受けずに、いびきの悩みを解消するには、生活習慣を見直すことでも可能です。病院での治療を受けずに、いびきを治・・・

口コミサイトでのいびきのレーザー治療

 最近いびきを改善できるレーザー治療が口コミサイトで話題に上っています。いびきのレーザー治療について口コミサイトでは、どんなことが話し合われているのかを、調べてみます。  まず目につくのは、・・・

いびきのレーザー治療について

 いびきを改善できるレーザー治療があることをご存知でしょうか?レーザー治療でいびきの悩みを解消できるとは信じられないという方もおられるかと思います。いびきのレーザー治療について調べてみます。 ・・・

いびきと歯並びの関係について

 いびきと歯並びとの間には、何らかの関連性があるのでしょうか?歯並びはいびきのような呼吸によって発生する音とは無関係のような気もします。いびきと歯並びの関係について調べてみます。  一見無関・・・

いびきと下あごの関係

 下あごが原因でいびきをかいてしまう場合があります。下あご自体の大きさが小さかったり、下あごの位置が後側へ後退しているためにいびきが発生するようです。いびきと下あごの関係について調べてみます。 ・・・

睡眠中の鼻づまりを治療する場合の料金について

睡眠中の鼻づまりが原因で、いびきが発生する、また睡眠時無呼吸症候群になるという場合は、医療機関での治療が必要となります。睡眠中の鼻づまりの原因には、一時的な風邪、花粉症のように季節的なアレルギー、・・・

睡眠時無呼吸症候群は病院でどんな治療をするか

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時の呼吸停止10秒をワンセットとして睡眠中にどのくらい停止を繰り返しているか病院で診断し、その症状の重さにあわせた治療を行います。軽症の場合は、マウスピースなどの器具を使用・・・

睡眠時無呼吸症候群の治療法について

睡眠時無呼吸症候群の治療にはまず、その根本的な原因をつきとめることが必要です。最も多い原因は明らかな太りすぎです。このような太りすぎによるいびきが原因となり睡眠時無呼吸症候群まで症状が進行してしま・・・

いびきでも病院で診察を受けた方がいいケース

いびきでいきなり病院へというのはあまりにも大げさだと思うかもしれません。 しかし、肥満体型で、家族からいびきのうるささを注意されている人。 そして、十分寝ているにも関わらず、昼間でも強烈な眠気・・・

いびきの治療について

いびきも、あまり酷い場合などは、耳鼻科などの専門の医療機関で治療をうけるのが一番であると思います。こう書いてしまいますと、それで終了なわけですが、そこまでいかなくても家の中で可能な治療法、予防法と・・・

レーザー手術によるいびき治療の費用について

いびき治療の費用についてですが、自分の意思でいびき対策グッズを購入してかかる費用であれば自分で決めた費用ですからそれはどうにでもなるものです。問題は、医師からいびき治療の必要を言われ、レーザー手術・・・

外来治療によるいびき対策について

いびきは睡眠中の気道が様々な原因で狭くなり、呼吸の際の空気の通過が喉粘膜を振動させることが原因です。気道が狭くなっている原因が、鼻腔に問題があるケース、などの気道の形状に問題があるケースなどは、お・・・

鳴海健の「いびき克服完全マニュアル」について

インターネットで、いびきを克服する方法、解消する方法を検索していきますと、様々なグッズや対策などの情報を目にします。その中でふと目にとまったのが「鳴海健のTHEいびき克服マニュアル」というものです・・・

いびきの症状を改善するには

いびきを改善したいという思いが強いのは本人よりもむしろ周りの家族かもしれませね。寝ている本人は「そんなにいびきかいていた?」と気楽に答えたりしていますが、一緒に寝る方はたまりません。 毎日、・・・

医療機関でいびきを治すようなケースについて

いびきの音の原因は喉粘膜の振動によりものです。ではこの振動がなぜ発生するかといえば、睡眠中になんらかの理由により、気道が狭くなってしまっていることなのです。この気道が狭くなっている原因が肥満である・・・

いびきをなんとしても解決したいのならば

いびきとは、睡眠の質の低下による眠気やそのため車を運転して居眠り運転をすることもあります。 さらに、いびきの方に多く見られる眠っている時に呼吸が止まる病気を睡眠時無呼吸症候群といいます。日本では・・・

いびきのその他の治療法

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法には、マウスピース、レーザー治療、鼻マスク(鼻CPAP療法)、外科手術、薬物療法などがあります。 また医師にかかる治療法以外には、グッズや健康法などはいろいろあ・・・

マウスピース

いびきや睡眠時無呼吸症候群が軽いようならば、有効な治療がマウスピース療法です。 口の中に入れるマウスピースは、医療機関でも使用しており、高い効果が期待できます。 マウスピースを使用することで、・・・