いびきをかかないようにのTOPに戻る
「いびきをかかないように」トップ >  睡眠時無呼吸 > 睡眠時無呼吸症候群は危険な病気

睡眠時無呼吸症候群は危険な病気


睡眠時無呼吸症候群という病気をご存知でしょうか。これは睡眠中に10秒以上の呼吸停止があると診断されるものです。いびきをかく、肥満の人などに多く見られるもので、睡眠の質を大きく低下させます。起きているときでも覚醒レベルが低下し、判断力、理解力などが低下し、仕事や学業などにも支障が出てくる病気です。

この病気は、早めの診断で治療することで簡単な器具などで治療することができます。また、肥満などが原因となっている人は同時に生活習慣の見直しも必要になってくるでしょう。

この睡眠時無呼吸症候群は、起きているときの能率を下げたり、寝ているという実感を失わせたりというだけではなく、循環器系の病気を引き起こす危険な病気でもあります。高血圧、心臓病、脳梗塞、糖尿病などのリスクを上げるといわれています。とくにこの根本原因の多くは肥満です。医師の指導に合わせ、肥満の解消に努めていくのも大切なことです。

そして、睡眠時無呼吸症候群は発見が遅れてそのままにしておきますと、社会生活の中で致命的な失敗を起こす可能性もあります。新幹線の運転手の居眠り事故の原因がこの睡眠時無呼吸症候群であったといわれています。生命を扱うような仕事をしているような人はなおさら、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあれば、診断をして治療を行うようにしていくことが大切です。中々本人は気づくことが難しいかもしれません。その場合はご家族の方から本人に話してみることが重要になるとも思います。

関連コンテンツ

いびきと睡眠時無呼吸症候群について

 いびきを発生している源は喉の上気道です。狭くなっている喉に、呼吸にともなって無理に空気を流すと、いびきが発生します。いびきをかく人が注意しなければいけないのは、睡眠時無呼吸症候群です。いびきをか・・・

いびきと口呼吸の関係

 いびきの原因は口呼吸である場合が多いようです。口呼吸を続けていると、知らず知らずにいびきをかきやすくなるようです。いびきと口呼吸の関係についてご説明します。  いびきが発生するのは、いろい・・・

いびきがうるさいことは眠れないだけではないのです

 いびきがうるさいと、周囲の人が眠れないという問題だけではなく、いびきをかく本人にも健康を損ねる恐れがあります。いびきがうるさいと、いびきをかいている人に睡眠時無呼吸症の恐れがあるのです。 ・・・

睡眠中の鼻づまりを治療する場合の料金について

睡眠中の鼻づまりが原因で、いびきが発生する、また睡眠時無呼吸症候群になるという場合は、医療機関での治療が必要となります。睡眠中の鼻づまりの原因には、一時的な風邪、花粉症のように季節的なアレルギー、・・・

睡眠時無呼吸症候群の治療法について

睡眠時無呼吸症候群の治療にはまず、その根本的な原因をつきとめることが必要です。最も多い原因は明らかな太りすぎです。このような太りすぎによるいびきが原因となり睡眠時無呼吸症候群まで症状が進行してしま・・・

睡眠時無呼吸になったらどうしたらいい

睡眠時無呼吸症候群になった場合、どうしたらいいのでしょうか。この睡眠時無呼吸症候群にも症状の重さによって治療の方法が違ってきます。まず、軽度の症状であれば、まず無呼吸、いびきの原因の治療をすること・・・

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきは人に迷惑をかけることも問題ですが、自分のこととして一番の問題は睡眠時無呼吸症候群でしょう。 いびきは本人には聞こえないですから、無呼吸なのも本人にわかりません。もし家族や友人に「無呼吸な・・・