睡眠時無呼吸になったらどうしたらいい

睡眠時無呼吸になったらどうしたらいい

睡眠時無呼吸症候群になった場合、どうしたらいいのでしょうか。この睡眠時無呼吸症候群にも症状の重さによって治療の方法が違ってきます。まず、軽度の症状であれば、まず無呼吸、いびきの原因の治療をすることになるでしょう。それには外科的な治療もあるでしょう。レーザー治療により喉粘膜周辺を切除することで、気道を拡大させ、いびきや無呼吸症候群の原因を無くす治療法があります。ただ改善率は90%といわれ強度の肥満の場合は、そもそもの肥満を改善しないことには、症状の改善が見られないという面があります。

 

睡眠時無呼吸症候群となっている多くの人は肥満が原因でその症状を起こしているといわれています。もし肥満の場合は医師の指導に従った治療と合わせ、ダイエットを行うことが重要です。肥満それ自体が生活習慣病を引き起こす点で改善の必要なものです。それに、睡眠時無呼吸症候群が重なっているとすると、更に生活習慣病のリスクは高まります。特に循環器系の病気のリスクが高まりますので、しっかりとしたダイエットと治療が必要です。

 

治療にはどうしたらいいかは、程度によって変わります。軽度の症状の場合は医療保険が適用になるスリープスプリントを歯科で製作し使用する方法もあります。これは手軽なマウスピースですので軽度の症状には効果があります。では、重度の方の治療にはどうしたらいいでしょうか?その場合はCPAP療法という睡眠時にマスクを装着する治療器を使用する治療法を行います。

 

どのような治療法を行うかについては、診断をうけ、医師とよく相談の上きめてください。もし、疑問がある場合はセカンドオピニオンなどの制度を使用することもいいと思います。

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群とは
無呼吸の状態は、上気道(喉)が塞がった為に起こります。 喉が塞がって呼吸が出来なくなり、苦しくなると無意識で覚醒して呼吸を再開し、また眠りにつきます。
睡眠時無呼吸症候群は危険な病気
睡眠時無呼吸症候群は、起きているときの能率を下げたり、寝ているという実感を失わせたりというだけではなく、循環器系の病気を引き起こす危険な病気でもあります
いびきがうるさいことは眠れないだけではないのです
いびきがうるさいと、周囲の人が眠れないという問題だけではなく、いびきをかく本人にも健康を損ねる恐れがあります。いびきがうるさいと、いびきをかいている人に睡眠時無呼吸症の恐れがあるのです。
いびきと口呼吸の関係
いびきの原因は口呼吸である場合が多いようです。口呼吸を続けていると、知らず知らずにいびきをかきやすくなるようです。いびきと口呼吸の関係についてご説明します。
いびきと睡眠時無呼吸症候群について
いびきを発生している源は喉の上気道です。狭くなっている喉に、呼吸にともなって無理に空気を流すと、いびきが発生します。いびきをかく人が注意しなければいけないのは、睡眠時無呼吸症候群です。いびきをかく人のための睡眠時無呼吸症候群の知識をご説明します。